2007年04月04日

母の日にはなぜカーネーションを贈るの?

どうして母の日にカーネーションを贈るの?と
考えたことはありませんか?

カーネーションを母の日に贈るという習慣の
始まりにはいろいろな説があると言われています。

母の日はアメリカのアンナ・ジャービスさんという方が、
亡くなった母親に追悼の意を示すために、
アンナさんの母親が好きだったカーネーションを
お墓に捧げたことに始まります。


つまりこのことにちなんで、カーネーションを贈る
という習慣ができたということですね。


しかしこのアンナさんの行動も実は理由があっての
ことだったようです。それはキリスト教との関係です。

キリスト教では次のような言い伝えがあります。
イエス・キリストの母親であるマリアは、息子が
十字架にかけられ処刑されるのを見て、涙を流しました。

そしてその涙の跡には一輪のカーネーションが咲いた
といいます。

母親の息子に対する深い愛情がカーネーションとして
表現されたということです。


そしてこのことにちなんで、キリスト教では
カーネーションは母親と子供の強い絆を表す
とても重要な花とされているそうです。


実は母の日の始まりとなった行動を起こした
アンナさんですが、熱心なキリスト教徒だったそうです。

つまりアンナさん親子は、いえ少なくともアンナさんは
この話を知っていたのです。


だからこそアンナさんは母親を追悼する際に
カーネーションを捧げることにしたんでしょう。


日本に伝わった際にはこのキリスト教における
カーネーションの位置づけは消えてしまったようです。


ですが、母親に感謝するという日が設けられた
ことだけでも十分ですよね。

もう今年の母の日のプレゼントの準備は始めましたか?
posted by mothers-day-2007 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。