2007年04月04日

世界各国の国の母の日

20世紀にアメリカから取り入れたと言われている
母の日ですが、世界各国ではどのようになって
いるのでしょうか。

いくつかの国の母の日を調べてみました。


まずは元祖アメリカ。
5月の第2日曜日ですね。同じく5月の第2日曜日を
母の日としている国は他にもベルギー、デンマーク、
オーストラリア、トルコ、イタリア、フィンランド
などがあります。


次にイギリスです。
イギリスの母の日はイースターサンデーの2週間前で
日本より2ヶ月ほど早いです。日曜日だそうです。

今年の母の日は3月18日だったみたいですね。
イギリスでは母の日といえば、母に感謝する日
というよりは、里帰りが主目的になっているようです。


さて、お次はお隣の韓国へと行きましょう。
韓国には「母の日」というものはないのですが、
そのかわりに毎年5月8日が両親の日とされています。

つまり両親である父親と母親両方に感謝する日ですね。
韓国語では「オボイナル」と言います。韓国はまだ
儒教的な考え方というか年配の方を敬うという文化が
強いです。

もちろん世界各国でそういった風習はどこでも
ありますが。両親の日ですから、父の日も含まれて
いるということですね。


さて、次は中国にいきましょう。
中国ではどうやら母の日は日本と同じ5月の
第2日曜日らしいのです。

しかし中国らしいこんな呼びかけもあるみたいですよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070305-00000020-rcdc-cn
孟母三遷とはこれまた中国らしいですね。


最後に台湾です。台湾では
5月14日が母の日で、家族全員でレストランなどで
外食をするのが一般的だそうです。
posted by mothers-day-2007 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37769057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。